2014年

12月

24日

年末年始のちょっとしたお酒の席に「ちょい飲み酒肴詰合せ」で美味酒肴を

天たつの「ちょい飲み酒肴詰合せ」は甘海老うに漬け、ふぐ子の粕漬け、焼きいかへしこ、焼きへしこ、黒作り、カニ身ふりかけ、の入った2,3人でお酒を飲む際にちょうど良いお酒の肴の詰合せです
天たつの「ちょい飲み酒肴詰合せ」は甘海老うに漬け、ふぐ子の粕漬け、焼きいかへしこ、焼きへしこ、黒作り、カニ身ふりかけ、の入った2,3人でお酒を飲む際にちょうど良いお酒の肴の詰合せです

ちょっとしたお酒の席にちょうど良い(2.3人分)天たつのお酒の肴を少しずつ詰合せしました「ちょい飲み酒肴詰合せ」のご紹介です。



中に入ります「甘海老うに漬け」は福井で取れた甘海老を甘目に調味した日本三大珍味の一つ「越前仕立て汐雲丹(しおうに)」に漬け込んだ贅沢なお酒の肴です。

「ふぐの子粕漬け」はふぐの卵巣を2年以上糠につけ毒を分解し他ものをさらに粕につけてマイルドな味わいにしたもの。「焼きへしこ」、「焼きいかへしこ」、は鯖、イカを1年間糠につけて発酵させ作る「へしこ」を切り身にし焼いたもの。塩辛さの中に深い旨味があります。

「いか黒作り」はイカの塩辛の中にイカの墨を入れコクのある塩辛に仕上げた北陸独特の塩辛です。「かに身ふりかけ」はズワイガニの身をほぐして味付けをし半乾燥させた珍味。

 

2,3人で食べるのにちょうど良い量かと思います。

どちらも袋をあけてそのままお酒の肴としてお召し上がりいただけます。

 

 


こちらの「ちょい飲み酒肴詰合せ」をレポートするためにお酒と一緒にいただきました


 

お酒は緑の一本義こと「一本義金印」。

 

勝山の酒造一本義久保本店の普通酒ではあるのですが、こちらでつくる燗酒はほっとするお味で大好きです。

 

お酒を温め、いざ酒の肴とご対面。

 

さすがに肴が6種あると迷うので絞りまして「甘海老うに漬け」「黒作り」「焼きいかへしこ」をいただきました。

 

甘海老うに漬けは甘海老の甘みがしっかりと残りつつ、汐雲丹の濃い旨味と磯の香りを併せ持ち口の中にぶわーっと旨味が広がります。

そこに熱いお酒を流し込むと、はぁー、美味い。

 

黒作りは口に入れた時の旨味とかみしめた時の旨味が違います。

口にいれたときは熟成した塩辛の塩辛さと旨味に加えてイカ墨のコクを感じます。

そして身をかみしめるとイカの甘みを感じる。

熟成させるために何日もおいているのにイカの甘みを感じる不思議。

そこにまた熱いお酒を流し込むと、やはり、美味い。

 

最後の焼きいかへしこ。

一年間糠につけて発酵させたその旨味は抜群です。

塩辛さもあるのですが、それよりもイカの旨味と発酵が醸す旨味で口の中によだれがあふれてくるのを感じます。

もぐもぐよく噛みしめたところで熱いお酒を流し込むと、最高に、美味い。

 

その夜は美味いお酒と肴のある土地に心より感謝いたしました。

皆様にもぜひ味わっていただけたらと思います。

 

5 コメント

2014年

12月

12日

2014年新物このわた入荷のご案内です

天たつで販売します2014年の新物このわたが入荷しました
天たつで販売します2014年の新物このわたが入荷しました

毎年12月中旬に入荷します天たつの「新物このわた」が本年2014年度新物として一昨日1212日に入荷しました。

 

「このわた」とは寒の時期に丸々と太るナマコから取り出したひも状の腸を塩漬けにした珍味で、江戸時代より汐雲丹と並んで日本三大珍味の一つと言われているお酒の肴。

 

海の香りとうまみがギュッと凝縮したその味は、口に含んだ瞬間得も言われぬ磯の旨味が広がり、その旨味がひと段落したらプリプリした腸をかむごとに染み出る新たな旨味が広がります。

コノワタの旨味は二段階で味わえます。

 

食べていただくと、お酒の肴として生まれた食べ物であると感じていただけるかと思います。

お酒の肴は美味しいお酒をより美味しく飲むためにある食べ物。

コノワタはそれ自体の旨味がお酒の美味しさをさらに引き立てるという不思議な食べ物です。

 

お酒を一口のみ、そしてこのわたを食べる。

そしてまたお酒を口に運びますと、一度このわたの口になっているところに入るお酒は一口目を超える美味さを感じます。

 

まさに酒の肴。

 

新物このわたは香りといい、プリプリとした触感といい、この時期にしか味わうことのできない旨味があります。

 

ぜひ贈り物に、ご自宅のお酒の肴に、お楽しみいただけたらと思います。

 

 

私、このたび新物ということで、「新物コノワタ」と久保田酒造さんの「鬼作左袋しぼり」をあわせていただきました。

「鬼作左袋しぼり」は鬼作左という純米酒を袋に入れて酒粕とお酒を分ける「袋しぼり」という手法にて作ったお酒で、非常に香りよく、上品な甘みと飲み口の良さが女性を思わせます。

先に書きましたように一口目のお酒も美味しかったのですが、コノワタを食してからのお酒はまた格別でした。

良いお酒と旬の肴に、心より感謝です。

 

 

2 コメント

2014年

12月

03日

漫画「おとりよせ王子」にて天たつの越前仕立て汐雲丹(しおうに)をご紹介いただきました

2014年11月25日に発売されましたコミックゼノン1月号の中の漫画「おとりよせ王子」にて天たつ越前仕立て汐雲丹(しおうに)をご紹介いただきました。


「おとりよせ王子」は主人公が日本各地にある美味しい食べ物をお取り寄せをするという漫画で、今回弊社天たつの越前仕立て汐雲丹をお取り寄せをしていただく、という話で掲載いただきました。


紙面での汐雲丹を食べた時の言い回しや感想がとっても素敵な文章で作っていただいており大変うれしく読ませていただきました。


また、定番のお酒の肴としての食べ方やご飯に乗せる食べ方のほかに、クラッカーに塗ったりお茶漬けにしたりとオリジナルで美味しい食べ方を掲載いただいており、それがまた美味しそうで私も個人的に試してみようと思いました。



「月刊コミックゼノン」を読まれている、これまで越前仕立て汐雲丹をご紹介ができなかった皆様にこうして汐雲丹をご紹介する機会をいただけて本当にうれしくありがたく思います。


ご興味をもたれてお取り寄せをいただいた皆様にこの「越前仕立て汐雲丹」を美味しくお召し上がりいただけますようこれからも精進してまいります。


5 コメント

2014年

12月

02日

情報誌「DAZZLE」に越前仕立て汐雲丹を掲載いただきました

日経BP様から出版されているキャリア女性に向けての情報誌「DAZZLE」に天たつの「越前仕立て汐雲丹(しおうに)」を記事掲載いただきました。

まことにありがとうございます。

 

DAZZLE」は日経メディカル、日経ビジネス、日経トップリーダーなどを定期購読されているキャリア女性を中心とした皆様に読まれている女性情報誌になります。

読ませていただきますと美しい宝石や時計、旅の話など男である私が読んでいてもワクワクする内容の本でした。

 

今回「冬のお取り寄せ」という企画の中で越前仕立て汐雲丹をご紹介いただきました。

天たつのほかにも美味しそうな鴨鍋や焼き海苔、国産ピクルス、などが掲載されておりとても魅力的な企画かと思います。

 

今回多くの皆様に天たつの汐雲丹を知っていただくきっかけをいただけたことに心より感謝を申し上げます。

私の目標は世界中の方に汐雲丹をお伝えすること。

そして願わくば「なにこれ、美味い!」という驚きと感動を感じてもらうこと。

 

今回こうして掲載いただけたことはわたくしの目標に一歩一歩近づける本当にありがたいもの。

今以上にたくさん喜んでいただける商売を、これからも目指していこと思います。

 

5 コメント

お問い合わせ

TEL: 0776-22-1679

FAX: 0776-25-1865

 

天たつ 天野準一です

ご意見、ご質問、ご要望などお電話でもメールでもお問合せくださいませ

 

メールでのお問い合わせはこちらです

担当者よりご返信させていただきます

天たつ店舗お休みと営業時間

天たつWEB店

【営業時間】

 24時間お受付(お問い合わせのご返信は2営業日以内となります)

【お休み】

年中無休

【お問合せ】

0776-22-1679

メールでもどうぞ

 

天たつ片町本店

【営業時間】

9:00~18:00 (月~土)

10:00~17:00(日曜祝日)

【お休み】

年末年始以外は不定休のためご来店される際はご連絡くださいませ

【お問合せ】

0776-22-1679

 

天たつ福井駅プリズム福井店

【営業時間】

 8:30~19:00

(季節によって時間が変わることがあります。ご連絡ください)

【お休み】

年中無休

【お問合せ】

0776-29-1679