2015年

5月

08日

【新物】国産天然もみわかめが今年も入荷しました!ご予約販売開始です!

天たつでは毎年5月中ごろに新物ワカメを使った「もみわかめ(ふりかけワカメ)」を販売開始いたします。ご飯にかけて、お味噌汁にふりかけて、大変香りよい旬のワカメです。
天たつでは毎年5月中ごろに新物ワカメを使った「もみわかめ(ふりかけワカメ)」を販売開始いたします。ご飯にかけて、お味噌汁にふりかけて、大変香りよい旬のワカメです。

天たつでは2015年の「新物国産天然もみわかめ」が先日入荷し、近日販売を開始いたします。

販売に先立ちましてご予約の受付を開始いたします。



毎年5月になりますと日本海で天然のワカメがとれます。


海の香りと旨味をたっぷりと含んだ天然ワカメ。

この天然ワカメを福井では昔から「もみわかめ」として加工し、広く食されております。



「もみわかめ」を作るために、まずは天然ワカメを海から取り上げて真水でよく洗います。

「洗う」という作業がなかなか力のいる仕事なのですが、わかめの細かなシワに入り込んだ砂や海水の塩気を何度も水をかえながら洗い落します。


洗い終えたら、次は天日で乾燥です。



干す作業をするのはまさに海岸の際。

5月の青空の下、海から吹いてくる潮の香りをたっぷりと含んだ「潮風」にあてながらゆっくり乾かしていきます。

そして最後はパリッとした食感を出すために機械に入れて一気に乾燥させます。



干しあがった天然ワカメを手で揉みながら細かく割っていきます。

ご飯にかけて食べてもらうのにちょうどよい大きさにするために、見ながら割れるのは手揉みならではの事。

昔ながらの「手揉み」はもみわかめを作るのには欠かせない作業です。



この細かく割った天然ワカメを瓶に入れて完成です。



この新物天然もみわかめは爽やかな磯の香りが大変よい品です。

内容量によって三種類の瓶があり(15g入り1,000円税別、40g入り3,000円税別、80g入り5,000円税別)ふたを開ければすぐに振り出せる状態になっています。


食べ方として、ご飯にふりかけて「ふりかけワカメ」として食べるのが福井では昔から食べられている食べ方になります。

新物天然もみわかめをご飯に混ぜ込み握るおにぎりなんか最高に美味です。


お料理に使うのであればサラダにかけたり、野菜のおひたしなどにふりかけたり、またお吸い物やお味噌汁に少しふりかけても香りよく美味です。


この時期だけの、とっても爽やかで芳醇な潮の香りを楽しめる「新物国産天然もみわかめ」をぜひ皆様にもお楽しみいただけたらと思います。




2 コメント

2015年

5月

02日

2015年ミラノ万博に天たつの「越前仕立て汐雲丹(しおうに)」「粉雲丹(こなうに)」を出展し、展示試食会をいたします

天たつは2015年5月1日よりイタリア・ミラノにて開催されます「ミラノ万博_日本パビリオン企画_日本が誇る伝統食品」に「越前仕立て汐雲丹(しおうに)」と「粉雲丹(こなうに)」を出展し、イタリアミラノにて展示試食を行います。




2015年5月1日よりイタリア・ミラノで開催されます「ミラノ万博」はこれまで万国博覧会として扱ったことのない「食」をテーマとした万博。

世界各国から食が集まり来場された方たちに披露する一大イベント。


このミラノ万博の日本パビリオンにて開催されます「本場の本物_世界に誇る日本の伝統食品」企画にて天たつの越前仕立て汐雲丹と粉雲丹の2品を展示、試食をさせていただきます。


現地ではわたくし天野準一が立ち、5月12日から16日の午前中世界の皆様に日本福井の伝統食品であります「越前仕立て汐雲丹」と汐雲丹から作るふりかけ「粉雲丹」を試食してもらいながら商品の説明や使い方などを資料、動画などを使って説明させていただきます。



今回ご紹介します「越前仕立て汐雲丹」は天たつが江戸時代(1800年代半ば)に考案したバフンウニに塩をふりかけ、水分を抜き凝縮熟成させる保存食です。


天たつ三代目当主天野五兵衛が当時の越前福井藩主松平治好(はるよし)公に「ウニを使った戦時などに携帯できる保存食を作るように」と言われ製法「塩蔵法」を開発したのが始まりで、以来福井の浜の海女さんや漁師たちに製法「塩蔵法」を伝え年貢として天たつが一手に集め、越前福井藩に納めておりました。

戦争などがない江戸時代でしたので、主に江戸幕府徳川家や各大名家、宮家への贈り物などに使われ「日本三大珍味の一つ」といわれるようになりました。

明治の時代(1800年代後半)より年貢として集めることもなくなり、天たつで小売りをするようになりました。



「粉雲丹」は「越前仕立て汐雲丹」を乾燥粉砕し作る雲丹のふりかけです。

天たつで販売を開始したのは2013年からになりますが、江戸の当時より「粉雲丹」という言葉はありました。

当時江戸まで木の桶に汐雲丹を入れて運んでいたのですがどうしても表面が乾いてしまいました。


贈り物には中心の柔らかい部分のみを差し上げて、固く乾燥した部分は粉にしてお刺身などにかけて食べたとのことでした。


越前仕立て汐雲丹、粉雲丹ともに磯の香りが大変濃く、旨味濃厚。

越前仕立て汐雲丹はご飯にのせても美味ですが、お酒とともに食べていただくと大変美味。

旨味と香りが大変芳醇なため少しの量でお酒が飲めることから、おなかにたまらないお酒の肴としてお使いいただけます。


粉雲丹は温かいご飯にふりかけていただいたり、パスタなどにかけていただいても美味。

濃いウニの風味と甘みが加わり、それだけでも十分美味い雲丹の一品となります。



今回世界の皆様にご紹介をする機会をいただいた天たつの「越前仕立て汐雲丹」「粉雲丹」を、皆様にもお試しいただけたらと思います。



お問い合わせ

TEL: 0776-22-1679

FAX: 0776-25-1865

 

天たつ 天野準一です

ご意見、ご質問、ご要望などお電話でもメールでもお問合せくださいませ

 

メールでのお問い合わせはこちらです

担当者よりご返信させていただきます

天たつ店舗お休みと営業時間

天たつWEB店

【営業時間】

 24時間お受付(お問い合わせのご返信は2営業日以内となります)

【お休み】

年中無休

【お問合せ】

0776-22-1679

メールでもどうぞ

 

天たつ片町本店

【営業時間】

9:00~18:00 (月~土)

10:00~17:00(日曜祝日)

【お休み】

年末年始以外は不定休のためご来店される際はご連絡くださいませ

【お問合せ】

0776-22-1679

 

天たつ福井駅プリズム福井店

【営業時間】

 8:30~19:00

(季節によって時間が変わることがあります。ご連絡ください)

【お休み】

年中無休

【お問合せ】

0776-29-1679